最新情報

経営者は資金繰りが大変です

なぜか私の周りには小さな会社を経営している人がたくさんいます。学生時代からの友人が多かったのですが、父親の事業を継いだ人だけでなく、自分でベンチャー企業を立ち上げたり、若くして社長にまで出生した人までパターンは様々です。私はずっと雇われ人という立場なので、彼らの話しをいつも楽しく聞かせてもらっているのですが、皆口を揃えて言うのは「とにかく資金繰りが大変」ということです。私には感覚として分からないのですが、売上がたくさん上がっていてもそのお金が入ってくるタイミングによっては現金が無くなってしまい、倒産してしまうケースもあるそうです。いわゆる黒字倒産というやつですね。そのような場合、一般的には銀行にお金を借りたり、ローンを組んだりして回避するそうです。ローンを組むためには不動産を担保に入れたりすることが必要で審査も色々と大変らしいですね。金額が少ない時にはクレジットカードのキャッシングで乗り切ってしまうこともあるとか。会社というのはあくまでも法律に則って経営されているため、お金が無いけど倒産はちょっと待って!と簡単にはいかないみたいですね。私も家をローンで購入しましたが、それを担保にしてローンでお金を借りるなんて不安になってしまいます。やっぱり経営者の器ではありませんね。

定期券をクレジットカードを使い購入する魅力

現金で1ヶ月定期券を6回購入する場合と、クレジットカードを使い、6ヶ月定期券を購入する場合では、カードを使った方がお得になると言います。これは、カードを使わなくても、6ヶ月の定期券を購入した方がお得なのです。定期代金は、購入機関により、割引率が代わります。例えば、毎日切符を使い電車などを利用すると、切符代分のお金が掛かります。切符というものが、ここで言う基準となるものです。しかし、これを1ヶ月分の定期券を購入すると、毎日切符を購入して電車に乗るよりも安くなります。更に、3か月分の定期券を購入すれば、1か月分の定期券を3回購入するよりも安くなるようになっています。クレジットカードを使って購入をすると、支払いが後になりますので、その時定期代を持っていなくても購入する事が出来るのです。そのため、クレジットカードを使い、6ヶ月分の定期券を購入する事がお得であると言う事なのです。更に、カード会社によっては、利用代金に応じたポイント付与が行われるカードもあります。貯めたポイントは、商品に交換が可能になるなどのサービスがありますので、高額となる定期代はカードを利用すれば、更にお得なサービスを受けれると言う事なのです。後は移動の場合に車を使う人はガソリンカードもメリットがたくさんあったりするので便利です。

クレジットカードを使う上で理解しておくべきこととは

買い物をする場合に、一枚持っているだけで大変便利に感じるのがクレジットカードです。現金の持ち合わせが無い場合でもサインだけで支払いを済ませることができますし、少し大きな買い物をする際には分割払いといった方法も選ぶことができます。カードの発行にあたってはカード会社による審査があるものの、比較的緩い基準となっており、20歳以上で定期的な収入がある場合には殆ど問題なく発行を受けることができます。また、キャッシングといった現金を借りることができる機能が追加されることもあります。利用代金は、通常は自身の持つ銀行口座から毎月決まった日に引き落とされるという形で支払われることが一般的となっています。カードには必ず利用限度額というものが設定されており、限度額を越える金額の買い物をすることはできませんし、買い物ごとに利用残高というものが加算されるため、利用残高が限度額に到達した場合にはそれ以上の買い物はできなくなります。なお、利用残高は代金の引き落としによって減っていきますので、限度額に到達するまではまた新たな買い物が可能となります。クレジットカードの利用において最も陥りやすい罠は、無制限に買い物ができるような錯覚に捕らわれてしまうことです。自身の収入をしっかりと把握した上で、支払いが不可能にならないような使い方を心がけることが大切なのです。最近のニュースではスマホゲームで親のカードを使ったなどとあります。スマホ アプリは面白いので僕もやっていますが、自己管理は必要ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ